人気ブログランキング | 話題のタグを見る

消化管内異物

院長の吉岡です。

今回は動物病院のブログなのにあんまり投稿しない獣医療のお話です。
たまには・・・ということで。

ワンちゃんネコちゃんは日常の中にある様々なものを飲み込んでトラブルになります。


消化管内異物_b0287468_1236577.jpg

内視鏡にてワンちゃんの胃内より取り出したスーパーボール(変色しています)
この症例は主に別の目的で行った超音波検査にて偶然見つかりました。
飼い主様も知らないうちに飲み込んでしまったようです。
半年ほど経過しているようで、よく聞くとたまに吐いていたそうですが処置後は改善したとのこと。

当院(2010年開業)で現在(2013.11.14)まで全身麻酔処置(内視鏡もしくは手術、当院での処置に限る)の必要だった同様の症例を簡単にまとめてみると、
ヒトの食べ物関係(鳥の骨、焼き鳥の串、お菓子の容器など):8件
日用雑貨(硬貨、布、針、ヒトの子供のおもちゃなど):20件
屋外でのゴミ:1件
動物用品(首輪、犬猫用おもちゃなど):8件
動物のおやつ(犬用ガムなど):3件
全部で40件は多いor少ない!?。
これらの他にタマネギや人体薬、タバコなどを食べてしまって内科的処置が必要になったケースもあります。
自分が開業前に横浜夜間動物病院(現DVMsどうぶつ医療センター横浜)に勤務していた時もたくさんの症例が来ていました。

ワンちゃんネコちゃんともにおもちゃで遊ぶのは大好きですし大切な事です。
しかし気をつけないとトラブルになってしまいます。
おもちゃは一緒に遊ぶものと与えておいてよいものと分けて考えてあげましょう。
そして日常生活の中でも今の環境が安全かどうかしっかり確認してあげて下さいね。

消化管内異物_b0287468_12373070.jpg

おまけ:おもちゃであそぶネコちゃんの写真

院長 吉岡

by ac-tanpopo | 2013-11-14 22:18 | イヌネコいろいろ